アイプリモの結婚指輪を贈ろう|ステキなリングの選び方

カップル

歴史と流行

ハート

永遠の愛の象徴

結婚指輪はマリッジリングと呼ばれ、男性と女性が式場で永遠の愛を誓うときに交換される、とても大切なものです。結婚指輪のルーツはとても古く、古代ギリシャにまでさかのぼります。男性が女性に自分の気持ちと、自分がどれだけ深くあなたを愛しているかを指輪に刻み、渡したと言われています。その風習が世界各地で広まり、海外と交流を持つようになった日本にもその文化が流れてきました。結婚指輪は二人の愛の象徴なため、結婚式と同じ様にお金をかける人達が増えてきています。特に最近では大手ブランドも結婚指輪に力を入れている所が増えてきています。また、二人が出会った日や愛の言葉を刻んだ指輪を交換するのが主流になってきています。

オーダーメイドが人気

結婚指輪と言えばダイヤモンドのついた大きな指輪が主流でした。しかし、最近では結婚指輪にも様々なデザインが取り入れられるようになりました。その理由の一つに、女性の社会進出があげられます。一昔前まで、女性は結婚してから家事に専念するいわゆる専業主婦がほとんどでしたが、最近では結婚してからも働く女性が増えてきています。そのため、大きな宝石がついたものではなく、仕事中でも身に着けていられるシンプルなデザインの結婚指輪が人気を集めています。また、シンプルなデザインだけど、自分たちだけの特別な結婚指輪を身に着けたい人達も増えてきており、自分たちの案を入れてもらいながら、職人に手作りしてもらういわゆるオーダーメイドの結婚指輪も人気が出てきています。