アイプリモの結婚指輪を贈ろう|ステキなリングの選び方

カップル

デザインや費用負担

男性と女性

心から気に入るデザインに

結婚指輪は、夫婦となる男女が二人で購入することが一般的です。結婚指輪は、これから始まる結婚生活において、夫婦の双方が毎日使用することになるからです。一生つけるという場合も多いので、心から気に入るデザインを選択するためにも、片方に完全に任せるのではなく、二人で話し合って決めることが大事とされているのです。デザインは、ベースとなる形はおそろいにすることが一般的です。しかし細かな部分で、夫婦それぞれの好みが反映されることも多いです。たとえばそれぞれの誕生石をつけたり、お互いへのメッセージを刻み込んだりといった具合です。こういった工夫により、一層結婚指輪への思い入れが強くなりますし、それによって夫婦の絆も強いものとなっていくのです。

支払いにおける負担

デザインの決定だけでなく、支払いも夫婦二人でおこなわれることが多いです。結婚指輪は、二人で過ごす人生のために二人で決めて購入するものなので、費用も二人で負担することが一般的とされているのです。ただし、それぞれの指輪の費用が大きく異なっている場合もあります。全体的なサイズの違いや、つける宝石の種類や大きさの違いにより、価格にも差が生じることがあるのです。そのような場合、折半する夫婦もいれば、自分の結婚指輪にかかった費用をそれぞれが支払うという夫婦もいます。また、相手への贈り物として、片方が多く負担することも多いです。このように結婚指輪における費用負担は、ケースバイケースとなっているのです。もちろんいずれの場合も、独りよがりとならないよう、相手の気持ちを尊重することが大事となっています。